2017年のドラフト会議で指名された高校生ビック3

毎年この時期になって最も気になるスポーツニュースのひとつに挙げられるプロ野球ドラフト会議は、野球好きの人にとってはたまりません。2017年の今年は「清宮・中村・安田」の3選手が高校生ビック3と呼ばれていましたので、ネット中継でもワクワクしながら見ていました。

清宮君は福留選手以来の高校生のドラフト1位指名の7球団入札、育成や広報が上手く柔軟性のある栗山監督の下でプレイできるので、とても楽しみです。中村君は地元広島と長期的にチームの要となる捕手が欲しかった中日、どららもいい球団だと思ってみていました。そんな中、母子家庭で育ったこともあるので、広島の指名は関係者もとても喜んだことでしょう。安田君は大リークで活躍した今年現役を引退すると同時にロッテの監督になった井口監督の新しい船出を祝うにふさわしい、魅力ある選手です。

3人ともインタビューでは満面の笑顔を見せてくれて、2017年のドラフト会議はたいへん印象がよいものだっと言えます。