産後うつで苦しんでいるお母さんにぜひ聞いてほしい

出産後、急激なホルモンバランスの変化や睡眠不足で「産後うつ」になる方が多いということはもう周知の事実。
特に出産後2週間から1ヶ月は産後うつが発症しやすいと言われていますが、それは人それぞれ。
産後すぐに発症してしまう人もいれば、全く気持ちに変化もない人、そして産後数ヶ月や数年経ってから発症する方もいます。

私は産後2週間の検診で「産後うつの可能性が高い」と心療内科の受診を勧められ、抗うつ剤を飲みながら育児をしています。
薬の影響を気にするため、母乳は諦めました。
初めは「病気の母親でごめんなさい」と赤ちゃんに謝ってばかり。
だって買い物に行ったりすると、ほかのお母さんたちは自信満々に子育てをしているように感じてしまうのです。

でも、みんなそれぞれ子育てに奮闘していることがわかりました。
薬を飲みながら子育てすることは何も悪いことではない。
今は声を大にしてそう言い切れます。

現代では重要視されてきた産後うつですが、全く悪いことではないと知ってほしいです。